総3件

整列 : [価格] [名前] [原産国]



ニュードロマイトマスクのご紹介

<抗ウイルス抗菌素材「BR‐p」と高性能撥水性フィルターでダブルブロック>


抗ウイルス抗菌素材「BR‐p」の原料天然鉱物「ドロマイト」とは?

ドロマイトは、長い年月をかけて自然の中で育まれた鉱石です。
「カルシウム」と「マグネシウム」が主成分で、数億年前の「サンゴ」の化石の内、長い年月を経て、 「カルシウム」が「マグネシウム」に置換わったものです。


世界に誇る特殊精製加工技術により高性能抗ウイルス抗菌素材へ!

原料段階のドロマイトには、抗ウイルス効果はありません。



原料のドロマイトは、食品として用いられるほど安全性に富み、 これが独自の特殊加工法によって処理されることにより、これ まで全く知られることのなかった特性を持つ素材となりました。


ウイルスの不活化のメカニズム

ヒドロキシルラジカル

ヒドロキシルラジカルは活性酸素のひとつです。
このラジカルの作用で、ウイルスの感染に関わるHAタンパク(金色のスパイク部分)と エンベロブ(青色の膜)を完全に破壊している事が、東京医科歯科大学で行った電子顕微鏡観察で確認されました。


安全性

高い安全性(医薬品レベルで確認)

・天然ドロマイトの主成分は、カルシウムとマグネシウムです。
・食品として用いられている安全性の高い原料です。
・BR‐pはドロマイトと水以外の材料は使用していません。


安全性試験(GLP適用試験)

1. BR‐pのラットにおける単回投与毒性試験
2. BR‐pのラットにおける14日間反復投与毒性試験
3. BR‐pのラットにおける28日間反復投与毒性試験
4. BR‐pのラットを用いた鼻部吸入暴露による単回投与毒性試験
5. BR‐pのラットを用いた鼻部吸入暴露による2週間反復投与毒性試験
6. BR‐pの細菌を用いる復帰突然変異試験
7. BR‐pのモルモットを用いた皮膚感作試験 (Adjuvant and Patch Test)

試験機関 : 1〜3= (財)日本生物科学研究所 / 4〜7=蟷杏化学安全科学研究所


100% 国内生産!

マスクの生産は殆どが海外生産です。
従って世界中に感染が拡がった場合には輸出入の制限が予想され、マスクの入手も困難になります。

※SARS発生の際に中国政府は、すべてのマスクの国外流出を禁止していました。


マスクの選び方

備蓄に適したマスク選び

普通の風邪マスクN95規格マスク不活化機能付きマスク
長所飛沫の多くは、マスク表面で阻止可能 WHO推奨。USA衛生省機関のNIOSH(労働安全衛生研究所)によって「微粒子マスク」として認可。0.075μの試験粒子を95%以上捕集できるため、0.050〜0.200μのインフルエンザウイルス感染に対してはかなりの効果を発揮。 マスク表面に付着した飛沫内のウイルスを不活化するので、水分が蒸発しても、生きたウイルスは体内に入らない。
短所水分が蒸発すると、生きたウイルスが口の中に入る可能性が非常に高くなる。 いちばんの難点は「呼吸困難」に陥ること。作業中なら、早い人で30分(もって120分)が装着の限界。装着前には約1週間の訓練が必要であり、感染現場では必需品だが、長時間の感染現場では、危険が付きまとう。 マスクの隙間からのウイルスの進入がゼロとは言えない。
不活化機能の持続時間にも注意が必要。
(ニュードロマイトマスクでは装着後8時間以内
総評感染予防の効果は、あまり期待できないが、既感染者の感染拡大の防止(咳エチケット) には役立つ。 常に感染現場に直接身を置く専門従事者には必需であるが、一般的な生活状況下での感染防御用マスクとしては不向き。 感染の危険性が非常に高い場合には、テープ等で顔へのフィット性を高めれば、かなりの精度で口・鼻からの感染は防げる。(ニュードロマイトマスクの場合、内袋未開封なら、最低5年間は効果を持続)

パンデミックとは?

感染症や伝染行が世界的に流行することを表す用語です。 感染爆発や汎発流行(※)にあたります。パンデミックがいつ発生するか予測する事は困難です。 事前に万全な対策をする事が大切です。

(※)広範囲に発現すること


新型インフルエンザの仕組み

鳥インフルエンザウイルス等による新型インフルエンザはヒトへの感染力を高め進化しています。


インフルエンザ 強毒と弱毒・・・Hの種類で決まる


H(ヘマグルチニン)とN(ノイラミニダーゼ)すべての組み合わせのウイルスを不活化するのはニュードロマイトマスクだけです。